このGWに連れと映画を観に行こうかとなり、イップ・マン継承を夜の部で観ました。彼はあのブルース・リーの師匠です。

連れは合気道、私は少林寺拳法の経験者で二人共非常に興味を持って観ました。あらすじですが、イップ・マンは詠春拳の師匠で門徒生を多く抱える道場主です。マイク・タイソン扮する悪徳不動産が、これまた部下を使い、ある小学校を手に入れるため、小学校を乗っ取ろうとしています。最終的には、イップ・マンと警察が連携して乗っ取りを阻止し、平和が訪れるというよくあるストーリーでしたが、アクションシーンがブルース・リーに負けずと劣らず凄かったです。突きの間合いなので少しお互いが近すぎるのではないかと思いましたが、スピードがありました。

私は勝手にコマ送りを少し早くしているのではないかと思いましたが。妻をガンで亡くしたイップ・マンでしたが、私も妻と病気が基で離婚経験の持ち主で、同情致しました。八千代市 整骨院

やっぱ、武道はいいなと思いました。今回の継承がNO.3と聞いていたので、ネットで他の作品を調べると凄くややこしかったですが、別の連れにも調べてもらい分かりました。ドニー・イェンが主演なのは「序章」・「葉問」・「継承」でおそらくこれが本道、別枠であるのがデニス・トーのイップ・マンの「誕生」と「最終章」のアンソニー・ウォン主演のものです。これにテレビを加えると4人がイップ・マンを演じていることになります。中国・香港映画ですが、売れれば直ぐに真似るという文化がどうもあり、ややこしくしているのはとの連れの意見でした。