アニメを観ても映画を見ても、ニュースを見ても新聞記事を読んでもすぐにポロポロと涙を流してしまいます。
最近特に涙もろくなりました。
年のせいでしょうか?そうは思いたくありませんけど。
あり得ないような事件とか、小さな子供が必死になってあそんでいる場面、子育て真っ最中のお母さん。老老介護の親子さん、SNSで読んだ、飼い主さんを見つめながら尻尾を振り旅立ちしたわんちゃん等々。

何を読んでも何を聞いても泣けてしまいます。
それほど悲しい事だらけの世の中なのでしょうか?若い頃は多少のことでは泣かなかったとおもいます悲しくてもつらいことがあっても我慢しました。
泣くものかと、悲しいときより、嬉し泣きのほうが多かったようにおもわれます。
子供が生まれたとき、合格したとき、子供の結婚式などです。
年を重ね涙腺が緩くなった今感じるのは泣きたいときには泣けばいいのではないかしらと。
これからは感情の赴くまま大いになみだを流すことにしました。嬉し泣きのほうがいいですけど。